耳管開放症になった

赤信号

赤信号

耳管開放症


つい先日、「耳管開放症」と診断された。診断されるまで、耳の不調をネットで調べて見当はついていたが、診断されるとゲッ本当かとショックがある。どういう症状かというと、両耳なのだがゴーゴー音がする。これは雑音などが耳に響いている状態だ。不快。四六時中ゴーゴー鳴っているので五月蝿くて悩ましい。そして自分の声が耳に響くのだ。これほど苦痛なものはない。大きな声を出すと響くから、出せない。何も喋らないのが一番だがそういうわけにもいかない。昔から声が小さいと言われ続けてきたが、もっと小さい声しか出せないのだ。響くので。時折襲ってくるのが頭痛。これは本当に参っている。たまにだが、めまいもある。そして、車酔いをするようになった。前は車酔いなんて経験したことがなかったのだが、ここまで影響が及んでいる。音楽を聞くのがかなり問題。低音が響き、頭が酔う。曲にも寄るが大体は不快なので聞いていられない。とは言っても1日数回耳の確認のために無理やり聞いている。ハロプロ音楽が聞きづらいのは非常に辛い。こういう状態でようやく耳鼻科を受診。耳管開放症と診断された。

耳鼻科


まずはじめに行った耳鼻科1は、割りと近め。検査などをしたが、異常は見当たらないと言う。うーん。なんだろうこの耳の不調はと思いながら、1週間後、別の遠方の耳鼻科2へ。そこは、ネットで検索して耳管開放症の診断ができると書いてあったから行ったのだ。耳鼻科2は、問診票に音が響くと質問があり、診断も速かった。検査も終わり、診察に行くと、あなたは耳管開放症ですときっぱり。そして説明があり、低音が聞こえにくい状態になっていることが分かった。そして漢方出すよーとのこと。ネットで調べた時、漢方のことは確認済みである。出された漢方は、補中益気湯というもの。これを朝晩飲まなくてはならない。まぁ5日経つが、全く効果がない。ゴーゴー音は消えない。検索して思ったのが、この症状完治不可と出る。えっ!暗澹たる思い。あまり気にしないでとは言っていたが、これは気になるレベル。また耳鼻科行くのでその時に効かなかったことを伝えよう。

原因


来ました。原因は急な体重減である。肝機能に問題があり、ダイエットをしていたのだが、あまりに急なため耳管までダイエットしてしまったという。それで、この症状が出た。プロテインダイエットはもう止めたよ。一週間使ったかな。今は3食食べて、毎日5km歩いたり腹筋やったり。まだ体重日に日に落ちている。1ヶ月で5kg落ちたじゃない。無理なダイエットは危険なので止めたほうがいいと思う。でも医者に痩せなさいって言われるとつい頑張っちゃうよね。
5kg痩せたけど、見た目変わってないって、EEEEEEEEE。

コメントを残す