俺がAppleと出会ってから

Solar eclipse 1999 Luc Viatour

どもEXHVです。

Solar eclipse 1999 Luc Viatour

Appleとの出会い


俺がMacと出会ってから、生活がガラリと変わった。それは、激変と言わざるを得ないだろう。最初に出会ったのは、iPod 30GBだった。その当時は勿論Windowsユーザーであり、普段聞いている音楽をiPodに入れ、気軽に楽しむ。それだけで、生活は変わった。それまで、携帯音楽プレイヤーはSonyを使っていたのだが、これが8GBしか入らなくてとても不便だった。30GBも入れば好きな曲が大体入るし、快適だ。次に出会ったのが、iPhone3Gだ。これは、本当に激変だった。そのタッチの魅力に引き込まれた。もう手放せない。これほどにまで、進化したモバイルはないと言ってもいい。iPod 30GBは永遠の眠りについた。iPhoneがあれば、iPodは必要ない。音楽プレイヤーと携帯の融合これがiPhoneである。次に出会ったのが、iPhone3GS。これは、当時は速かった。3Gと3GSの差。Sがついただけでこんなにも変わるかってぐらい。その次に出会ったのが、iPadである。これは、革命だった。電子書籍やPDFが簡単にしかも大きな画面で楽しめる。iOS5になってから、iPod機能の表示が格段に良くなったのだ。アートワーク一覧も快適表示。最近4Sが発売されて、またまた速くなった。Siriにも注目したいところだ。音声で何でも解決するこの素晴らしいテクノロジー。4Sはジョブズが最後に携わった製品、ますます欲しくなる。欲しくなるが、iPhone4S発売前に、俺はiPhone4を買ってしまったのだ。また2年間の牢獄生活に戻らざるをえないのだ。


Macとの出会い


俺が初めてMacを買ってからもうすぐ一年になる。それまでは自作PCを作ってWindowsを動かす楽しみに明け暮れていた。そんな時、Macを買いまず変わったのは、もう自作をする必要がなくなったということだ。Macと出会ってから、自作PCに対する思いが全て消えたし、やる気もなくなった。Macという完全なるものがあるから、もう必要ないと思うんだ。自作だと不安な所や詰めが甘い所があるが、それがMacだと無いのが安心に繋がる。Windowsマシンは今でもあるが、そんなに使っていない。使う必要が無くなったのだ。データを全て移行し、Macで去年無理だと思った年賀状も宛名職人で簡単にできる。今年は年賀状はMacで書くつもりだ。検索は速い、文字は綺麗、画面も綺麗。困ることは無いに等しい。もしWindowsが必要なら、仮想化。MacにWindowsを入れれば事足りる。どうしてもゲームがやりたいと思ったら、BOOTCAMPでWindowsを立ち上げ、Xbox360コントローラでプレイすれば良い。今は、iMacはトリプルディスプレイになってる。そして、iCloud。iPhoneはもう独り立ちだ。あらゆるものがiCloudで共有され、同期する。これは夢のようだ。ノート欲しい。ノートが手に入れば完全にWindowsマシンを処分する(売るかな)つもりだ。


バイバイ

コメントを残す