ペプシモンブラン 結論

ペプシモンブラン

久しぶりの更新となった。

皆さんは、いかがお過ごしだったであろうか。すっかり、季節は冬。寒くなった。

そんな寒さを一蹴するドリンクが、またもや誕生した。

恒例となった、誰もが忌み嫌う変わり種ペプシ。これを飲まずして、年は越せない!

今回は、ペプシモンブランである。


ペプシモンブラン

飲んで、一口。オカシイ・・・これは、もはやコーラではない。いや、今になって言うべきことではない。

そういうことではない。率直に言うと、不味い。栗の味が、口の中でオカシナ化学反応を起こしている。

謳い文句が、「マロンのやさしい香りが漂う。」なのだが、これは恐ろしい香りである。

朝買って、夜まで余ってしまった。

今回も衝撃作品であった。ネタドリンク界の帝王として、これからも君臨し続けて欲しい。

そして、次回作品に期待したい。

バイバイ

コメントを残す