先日、iPedを買ってしばらく、ケースなしで過ごしてた。え_?

うわっ、あぶねー片手で持ってたら落とすところだった。

しかも、色んなところが傷つきそうだ。俺のココロも。

そんな、綱渡りな生活から解放された。

レイ・アウトのRT-PA1LC1/BというiPadジャケットを買うことで、生還した。

これが、中国の巷で売っているコピー商品iPedでは、ない。え

JB後、MakeItMineという、アプリを入れ、iPedにしたのだ。ネタで。

JBの話をしますが、自己責任ですので、よろせく。MakeItMineが使えたことは良かった。

iPed
外装は、ブラックを選択。iPhone時代から、ケースは、レイ・アウト製をチョイスしてきた。

いやぁ使いやすいし、便利。

そして、さらに総重量が増して、筋力アップにつながるという新発見が!

RT-PA1LC1
上にチラ見してる、iPhoneケースとOH-SO-ROなのが嬉しいところだ。

オレンジが眩しい。ペンもさせるよ。

さっきも言ったが、オレンジが強いために、写真や動画を見るときに、ちょっと刺激が強い色なので、合わない・・・となる人、ならない人、いろいろな人がいるだろう。

レイアウト iPad
開くと、この装備。武器とか弾薬とかがたっぷり入る便利コーナー。

銀行のカードとか、免許証とか・・・入れんよな!

ここに、Suicaを入れて、自動改札を通る喜びを俺にくれないか?

レイアウト iPad
こちらには、グレネードがすっぽり、入るポケットが!

これで、メモリーカードをたっぷり入れて、カバーと閉じると、がばがばすると言う新発見。

一つは、良いかもしれないが、2~3つ目以降となると・・・厳しい。

レイ・アウト iPad
シールは、お好みで。

このシールは自作。

エーワン インクジェットプリンタラベル ピッタリ貼れるのびるラベル 透明タイプで作りますた。

持ち合わせが透明タイプしかなかった。

このシールは、痛いフォーンを作るときに使用したので、余っていた。

NERF
全体的な、正直な感想。

満足!

今回、写真では、言及しなかったが、このジャケットケースは、立てられるのである。

デジタルフォトフレームな色が強いiPadだけに、立てて見れるのは、強みである。

この商品を選んだのは、レイ・アウトというブランドだからだが、他にも使いやすさ、収納コーナーなど。

これ一つで、大まかなことは、足りる。

さらに、全面のディスプレイが隠れるので、傷がつきにくい。

縫い目もしっかりしているし、レザーの質感も良い。

黒と白のタイプがある。俺は黒を選んだ。白は汚れが目立ちそうという、安易な考えで、それと、OH-SO-ROにするためである。

これは、あくまで個人の感想である。

ケースはこれからも、きっと、ずっと。「レイ・アウト」を使うつもりである。

これからも、きっと、ずっと。 exhv製薬がお送りしました。

バイバイ




あわせて読みたい関連記事
Related Post

コメント
Comment


コメントは、まだありません

コメントフォーム
Comment Form


コメントを残す

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。