加護ちゃんねるで見えてくる将来の展望

イントロ
せんとくんだ〜、友人のお土産を激写。

せんとくん

角が生えているぞ、これは気持ち悪いものなのか?
奈良なので加護ちゃんの話になるんだけど・・・。共通点は奈良ということだ。私は行ったことがないんだけれどもね。修学旅行が沖縄だったんだ。

加護ちゃんねる

戻るけど。
奈良は加護ちゃんが生まれたところだね。なんだかんだで加護ももう20歳か。いやぁ最近、加護ちゃんねるのDVD(vol.1)見たんだけど、変わったな加護亜依。激変だね。跪かせて、殴ってたりしたけど、もっとサディスティックになって欲しいね。Sの加護を見たいもの。企画自体が新鮮で面白いから続けて欲しい。
テーマが再生、なんて奇抜で壮大なんだ。
確かに誰もが一度や二度大きな失敗は犯すよね、ただそこから学習することは非常に大きいと悟る。それを伝えたかったんだよね。

今や時代が不況となれば、倒産する会社が数多に上り、派遣切り、リストラなど、負の塊をなすそれらに一筋の光の亀裂を派生させたのが、再生の希望となっている加護亜依その人である。
なぜならば、失敗しても立ち直れるという、絶対的な事実としての勇気を分け与えてくれた。そして生きる意味を教授してくれた。
事実としての加護亜依は現在も増しの6mgの煙草を吸っていると公言したが、それは未成年では無いという立場だからこそいえる発言であり、吸っていてもそれは個人レベルの自由であろう。
加護ちゃんねるのように、こういう風に社会の一定のルール、ポイ捨て禁止とか、喫煙マナーとかを(唯一神であり、今や煙草界の幸運の女神として君臨している)加護亜依がマナーを正していくのを、見ていて本当に嬉々としてくる。
是非続けて欲しいと心から願う次第である。未来に幸あれ。

でも、さゆが好き。

コメントを残す