eX.computer-LB31J-8100Cを改造する

BIOSTAR MCP6P M2+

去年、九十九電機ネットショップでeX.computer – LB31J-8100Cを買った。今は3号機として利用している。
しかし、Celeron420とスペックがかなり低いので、今余っているパーツで改造してしまおうというのが今回の企画だ。中身を変えるということだ。
今現在、余っているパーツと言えば、CPU AMD Athron X2 4600+とメモリ2Gとグラフィックカード Geforce8400GSがある。しかしマザーが無い。
LB31J-8100Cでマザー変えて、Athron 4600+を動かしたい。そうすればスペックが向上する。
となると、LB31J-8100Cはintel系なのでAMDCPUは使えない。新たなソケットAM2のマイクロATXのマザーが必要となる。
そこでだ。安く上げるためにAM2の最安マザーをwebで買った。それがBIOSTAR MCP6P M2+だ。価格.comで最安を調べて、アークジャパンで購入。店舗評価が悪かったが、無事到着。一週間かかると書いてあったが三日で来た。対応も良かったし、安いのでまた利用したいなと思っている。
BIOSTAR MCP6P M2+ それがこれだ。5180円は安いだろう。

BIOSTAR MCP6P M2+

それを開封し、CPUを取り付ける。

BIOSTAR MCP6P M2+

LB31J-8100Cのケースのふたを開けて、接続を外していく。CPUは残したまま。最後はケースからマザーを外し、マザーボードの箱(ATX)に入れる。

LB31J-8100C

メモリを2G取り付ける。
そして、BIOSTAR MCP6P M2+をケースに取り付ける。
さらにグラフィックカードも取り付け、他のコードも全て取り付ける。
で完成したのがこれ。配線はなんとかするつもり。

LB31J-8100C

後は外部ケーブルをVGAとキーボードだけ取り付け、BIOSが立ち上がるか見てみる。普通に起動。改造完成。
外部ケーブルを全て接続し、XPをインストールする。
終わったら、マザー付属のドライバとグラボのドライバもインストール。HDAudioのドライバもネットから落としインストール。
そしてアクオス32と三菱15に接続し、デュアルディスプレイにする。セカンダリのアクオスでハロプロ動画を流し続けさせるのが真の目的だ。
待ってました動画再生。DVD画質ならプライマリでもセカンダリでも再生できる。
が・・しかし、HD-VIDEOがカクカク再生。何故か、グラボが糞。
Geforce 8400GSではHDは再生カクカクになってしまう。
1号機、2号機ともにHD-VIDEOが再生できるグラボを積んである。2号機のグラボを3号機のグラボを変えよう思ったが、2号機のOS再インストールは最低限避けたい。またOSがハードウェア構成が変わったから再インストールしてくださいの表示がでる恐怖でグラボを変えることしないことにした。
つまり、グラボを購入フェイズに入るが、今回はマザーだけで金の限界を悟った。12月頃を目処にグラボ購入フェイズを実行したい。
まぁ今回は自作段階で初期不良、自作失敗が起こらなかったので、良かったことにする。暫く改造LB31J-8100Cを楽しもう。
最後に、当たり前のごとく、改造してしまったらメーカー保証は得られなくなってしまう(と思う)。それを覚悟の上での改造自作だった。

コメントを残す