前アキバの近くに住んでた頃、歩いてあきばお〜まで行ったことを思い出す。あきばお〜の地下には2ちゃんねるグッズがたくさんあって、結構買った思い出がある。
その中でも突飛なのがある。これだこれだ。三次元は通行止なのだ。
つまり二次元(アニメや漫画)だけに進むという、紛れもないネタとして面白いワッペン(バッジ)である。

↑二次元→×三次元(通行止)

今年メロン記念日(ブログ)が四次元ジャックというライブを行う。(今年新潟コネーのかよ。)
まぁそれは置いて置いてだな。後でハロプロの話もしっかりする。
俺は二次元と三次元、両方好きだ。いつもどちらかにしろとか言われるが、オタクとしての分野が両方確立しているからいいじゃない。二次元はアニメ、三次元はハロプロと。アニヲタ、モーヲタと。(じゃあゲームは何次元・・・2.5次元…)
ただ全てのアニメを見られる訳じゃあない。地方に住めばそれなりに制約もある。DVDを待つのも手。ハロプロだって地方に住めば、ライブに行けなくなる。それもDVDで見れる。
しかし現場ヲタじゃないから分からないけどもライブに行かないと応援している現実感がないんだよな。
地方にアキバみたいな聖地がないんだから、行くこともできずただアニメを見続けることに何の意味があるのか分からなくなるときもある。資本経済は大都市中心で経済が回っている。がしかーし、それは全てPCで電脳情報統制共有すれば全て理解できる。ネット上の今ムーブメントが起きているサブジェクトが知ることができる。まっ、今はアニメ見るのは一日30分間だけど。
つまり何が言いたいかと言うとPCを自作しなさいということだ。
はてはて




 
コメント
Comment


コメントは、まだありません

コメントフォーム
Comment Form


コメントを残す

TOP