風船

なっちに元気を届けようという趣旨でバルーン企画というものがある。各ファンそれぞれが企業に注文をし、アップフロントファンクラブ宛てに発送をするという方法である。

 事務所を風船攻めしようとしているわけだ。大量に届いたら処分していいということを事務所に伝えるという。

 某ねとらじDJと同じ意見になるかもやしれないが。最初からこんな企画立てるなよ。大量に届くことを前提にして話を進めるなよ。何もしないでそっとしておいてやれよ。そうは思わないのかね。バルーンとかカッコよくカタカナ使うなよ、所詮風船なんだよ。

この風船で嫌な思い出があるのさ。
11月20日午後、渋谷109前の交差点にて。信号が青になった瞬間、風船を持って装備した無数の群衆が横断歩道の真ん中で一斉に風船を飛ばした。
歩道を渡っていた俺を含む多数の人々は、このテロ集団に進路妨害され通行困難となった。
周囲の人々は、憤慨し、進路妨害したこの集団を蹴散らしたかったであろう。
数名は、その表情が出ていたことは否めない。
この風船テロ集団が何を目的としてやっているかは知らないが、(平和でも祈ったか?)こちら側からしてみれば、邪魔なたんぱく質の塊にしか映らなかったわけだ。そんな偽善めいたことやってんじゃねーよ。もう目的なんて知る必要はないし、そんなの知りたくもない。今必要なのはお前らがこの横断歩道からいなくなること、又はこの世からいなくなることだ。

 当事者たちが「素敵だな」と思い信仰、崇拝している行為は、他の者たちには、迷惑だったりする。今回のバルーン企画、他人を困らせることだけは止めておけよって言いたい。




 
コメント
Comment


コメントは、まだありません

コメントフォーム
Comment Form


コメントを残す

TOP