安倍卒業メモリアルをからめて

安倍なつみ
安倍なつみ~モーニング娘。卒業メモリアル~ (dvd)

泣かせるなよ。
思い出すアノ時アノ場面、懐かしさとともに寂しさも感じる。
卒業してからもう半年が経つのか。早いよ。早すぎだよ。
このDVDには歴史が詰まっている、ASAYANから今年2月まで6年の月日が。6年か、俺もこの6年が一瞬のように思えてくる。
室蘭でのインタビューは涙が印象的で、特に中澤の助言で涙しながらも笑顔を崩さないプロの顔を見ることができた。

昔の安倍を一気にまとめて振り返るととナゼだか涙なしでは見られない。それは懐かしいだけで、今の安倍の方が素敵だ。つんくも言っていたが、「昔のあの時の方が良かったねとは思わせない女性」、それが安倍であろう。その時その時が素敵なのだ。

“今”それは一瞬の儚く散り行く時間、だからこそ輝ける。その一瞬の輝きの一つ一つを安倍は見せてくれた、そしてこれからも見せてくれるであろう。

なんか雪って、いろんなこと考えされられる。雪原の室蘭は、白いベールで包まれている。これ以上雪が似合う女性はいるだろうか。出逢いという写真集でも、雪が印象的で眩しかった。

“雪”それは一瞬の儚く散り行く命、だからこそ輝ける。その一瞬の輝きの一つ一つを安倍は見せてくれた、そしてこれからも見せてくれるであろう。そして雪のように歴史も積もり行く。

コメントを残す