眼が全開で血だらけの生首

空

空

怖い話をしたい


昔、夕日が沈もうとしている最中

一人でチャリ乗ってゲーセンに行った。

その帰りに川の土手を通りかかった。

そうしたらお地蔵さんがあって

なんでこんなところに地蔵があるんだ?とか思った

その地蔵の横の地面に

眼が全開で血だらけの生首が鎮座していた。

一瞬で血の気が引いて

恐怖で背筋が凍りつき全速力でチャリを飛ばした。

汗だくになって帰って知り合いに聞くと

あそこは昔、川で自殺して溺死した人がいて、

供養のため地蔵が置いてあるという。

でもあれは霊ではないかもしれない。本物だ!殺人だ!とかいう疑念が沸いたので、翌日川の土手に、見に行くと首は無く地蔵だけが微笑んでいた。

俺が見たあれは何だったのか?霊なのか、本物なのか。
未だによく分からない。それが霊というか心霊現象を体験したのが最初で最後になった。あれ以来(つまり8年前以来)霊を見ていない。どんなに夜中出歩いても何も見ない。
俺は今でもあれを霊とは信じていない。あれは殺しだなと。
なぜなら溺死したヤツが何故生首なのかとここで矛盾点が生じることになる。だって、自殺するヤツが首切ってから川に飛び込むことが可能なのかと。首切りながら飛び込むことが可能だとしても、たぶんそんな死に方しないだろう。普通に飛び込むだろ。あの生首は別の誰かが他殺され、犯人があそこに置いたと考えている。



要するに一番怖いものは人間だといえる!!

あー怖っ

コメントを残す